安全・安⼼な⽔を造る逆浸透膜浄⽔器

  1. ホーム
  2. 安全・安⼼な⽔を造る逆浸透膜浄⽔器

不純物を取り除く。
水が生まれ変わる。
⽔道⽔からより安全で安心な
純⽔をつくる逆浸透膜浄⽔器。

健康に寄与する理想の水を提供するマーフィードのコア技術、それが逆浸透膜(R.O.)です。
水の中に溶け込んでいる不純物を徹底的に取り除き、水の持っている本来の機能を蘇らせます。

逆浸透膜とは

水分子しか通さない性質をもつ特殊な膜によって、濃度の違う溶液を区切ると、その浸透圧の差によって濃度の薄い溶液の水分子が、膜を通って濃い溶液の方へ移動します(図1)。このとき、濃度の濃い(不純物を含む)溶液の方に浸透圧の差を超える圧力をかけると、逆に濃い溶液中の水分子だけを濃度の薄い(不純物を含まない)溶液の方に移動させることができます(図2)。これを逆浸透現象と呼び、この膜のことを逆浸透(Reverse Osmosis:R.O.)膜といいます。水分子だけを集めることで、不純物を含まない水を作ることができるのです。

浸透現象
逆浸透現象

マーフィードの逆浸透膜
(R.O.)浄⽔器

逆浸透膜と活性炭フィルターを組み合わせることによって、塩素や有機物、臭いなどを徹底的に除去して、純水(ピュアウォーター)を作ります。

  • STEP 1

    セディメントフィルター

    5ミクロンまでの物質を除去

  • STEP 2

    カーボンフィルター

    塩素や有機物を除去

  • STEP 3

    R.O.メンブレン(逆浸透膜)

    分子以外のほとんどの物質を除去

  • STEP 4

    カーボンフィルター

    臭いや極微量の残留物質を除去

除去可能な不純物

水道水中に存在する不純物の中でも、イオン化した重金属類や硝酸態窒素などは、非常に小さな物質なので、活性炭や中空糸膜といった一般的な浄水器では除去できません。一方、逆浸透膜浄水器は水分子より大きな物質のほとんどを除去することができるので、限りなく純水に近い水を生成することができます。